Terada Lab. ホーム > 研究室情報 > 研究設備

MULTUM-SNMS

多重周回飛行時間型2次中性粒子質量分析装置
(MULTUM-SNMS)

角礫化した鉱物など、サブミクロンスケールの微細な試料に対し、直径1μm以下のイオンビームを照射し、試料からスパッタされる中性粒子を高出力レーザーでポストイオン化します。局所同位体分析で一般的に用いられるSIMSを、高感度化・高空間分解化することを目指し開発を進めています。

詳細はこちら (研究内容のページへ)

走査型電子顕微鏡&エネルギー分散型X線分析装置

走査型電子顕微鏡 (SEM) /
エネルギー分散型X線分析装置 (EDS)

電子線の照射により放出される2次電子や反射電子を検出し、試料の凹凸像や組成像を得ます。同時に、EDSを使用することで、放出される特性X線から試料の元素分析を行うこともできます。

  • SEM : JSM-6010A (JEOL), 他2台
  • EDS : NORAN™ System 7 (Thermo Scientific)
クリーンルーム

クリーンルーム

太古の堆積岩や地球外物質を扱う実験では、貴重な試料を環境中の粉塵等にできるだけさらさないように、浮遊微粒子数をコントロールした陽圧のクリーンルームの中で操作を行っています。年期が入った設備であるため清浄度はあまり高くありませんが、超純水製造装置とマッフル炉を整備し、地球上の生物由来の汚染や作業中の汚染を防いだ超微量有機物分析が可能な実験環境となっています。また、危険な試薬の人体への曝露を防ぐため局所排気装置が設備されています。

その他、 磁化率測定装置 / パルス電子スピン共鳴分光装置 / 時間分解ICCD分光器 / レーザーレーダー受光装置 / 真空蒸着装置 / 自動精密切断機 (アイソメット) など。

ページの先頭へ戻る